9月13日(金)より「飯坂真尋」オリジナルフレーム切手📮発売 | 飯坂温泉オフィシャルサイト

9月13日(金)より「飯坂真尋」オリジナルフレーム切手📮発売

9月14日の飯坂温泉トークイベントを記念して、日本郵便株式会社東北支部にて、オリジナルフレームの真尋ちゃん切手が発売となります。

飯坂温泉の色んな名所やグルメを楽しむ真尋ちゃんは必見です!飯坂温泉の色んな魅力がいっぱい詰まった切手、欲しくないわけがない!!

販売は福島市内の郵便局で、1シート¥1,700円となります。

 

ひとつずつ説明すると・・・

トップ画像は、最古の公衆浴場「鯖湖湯」前の鯖湖神社、夏祭りを楽しむ真尋ちゃん♪

 

 

 

1.旧堀切邸のステージで飯坂小唄を気持ち良く唄う真尋ちゃん♪演奏は若旦那三味線ユニット!?

 

 

 

2.真尋ちゃんの大好物、飯坂ラーメン!!この味を知ったら、くせになる!!

 

 

 

3.フルーツ王国ふくしまの「桃」は世界一ィィィィ!?思わず狩りたくなる、魅惑的な「桃」♪

 

 

 

4.300本の観賞用の花桃が咲き乱れる「花ももの里」、見ごろは4月中旬~下旬です♪

 

 

 

5.飯坂温泉の上流、「摺上川ダム」で楽しめるカヤック!アクティビティも楽しい♪

 

 

 

6.飯坂はラヂウム発祥の地!お店によって特色のあるラヂウム玉子(温泉玉子)をぜひお土産に♪

 

 

 

7.ドヤ顔で真尋ちゃんが紹介してくれてるのは絶品グルメ「円盤餃子」!毎日行列がたえない人気っぷり♪

 

 

 

8.飯坂は坂が多い街!「飯坂」っていう名前の坂があるの知ってました?坂巡りも楽しみのひとつかも!?

 

 

 

9.飯坂温泉は足湯もあるよ!散策に疲れたら、ほっとひと休み♪

 

 

 

 

10.飯坂の歴史を見守ってきた、100年を超す土木遺産「十綱橋(とつなばし)」。ライトアップも綺麗だよ♪

 

 

 

フレーム切手は82円切手×10枚で1,700円(税込)、1,000部限定販売です!

飯坂郵便局で購入できるほか、福島市内の郵便局でも購入できます!

飯坂温泉街の真尋ちゃん協力店でも買えるかも?

こちらは、観光協会で確認してね!

【日本郵便株式会社】

https://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/frame/detail.php?id=1111

     

カテゴリー

最近の投稿

純米吟醸 摺上川「生酒」飯坂真尋ちゃんオリジナルラベル限定酒発売!

   飯坂温泉の酒屋さん「舛七酒店」にて、オリジナル商品「純米吟醸 摺上川「生酒」飯坂真尋ちゃんオリジナルラベル」720ml 2100円(税込)300mlボトル 800円(税込)が発売! 数量限定ですので、お早めにお買い求めください。 舛七酒店 住所 960-0201 福島市飯坂町字横町30 問い合わせ先 024-542-2027 ホームページ 定休日 営業時間

コメントなし

2月14日 ~ 2月16日「飯坂真尋ちゃん生誕祭2020」開催!

あれから1年・・・。 温泉むすめ「飯坂真尋ちゃん」を飯坂温泉にお迎えした日から1年が経ちました。 ファンの方から真尋ちゃんについて教えていただき、有志メンバーで温泉むすめの取組を学び、たくさんのファンの皆様に支えられながら、少しずつ町内にも真尋ちゃんの輪が広がってまいりました。 9月には、声優の吉岡茉祐さんのイベントも開催させていただき、同時に真尋ちゃんを特別観光大使に任命させていただきました。  …続きを読む

旅館 小松やにてオリジナル若桜ver.真尋ちゃん登場!アクキーも発売

   飯坂温泉旅館 小松やに、オリジナル若桜ver.真尋ちゃんが登場! 「若桜」とは、飯坂に伝わる「佐藤継信・忠信」兄弟にまつわる悲哀の物語の登場人物。 源平の戦いの折に義経に仕えた継信・忠信兄弟は、戦いの最中に相次いで戦死します。兄弟の母「乙和御前」は悲しみに暮れ、落ち込んで日々を過ごしていました。 その姿を見た兄弟それぞれの妻「若桜」と「楓」は、甲冑に身を包み薙刀と弓を構えて、さも2人の兄弟が …続きを読む

コメントなし

ギャラリー梟(ふくろう)さんにフクロウ着ぐるみ真尋ちゃんパネルとアクキーが登場!

4万点以上のフクロウグッズが並ぶ「ギャラリー梟」さんで、フクロウの着ぐるみ飯坂真尋ちゃん(SD ver.)が登場! アクリルキーホルダー(700円税込)も販売しているので、ぜひお買い求めください。 ギャラリー梟 住所 960-0201 福島市飯坂町字八景9−1 問い合わせ先 024-542-3434 ホームページ https://g-fukurou.com/ 定休日 日曜日、祝日、新聞休刊日 営業 …続きを読む

コメントなし