飯坂温泉へようこそ

飯坂温泉は、奥羽(東北)地方有数の古湯であり、古くは「鯖湖の湯」と呼ばれました。鳴子・秋保とともに奥州三名湯に数えられ、2世紀頃には日本武尊が東征の折に、1689年には俳聖 松尾芭蕉が奥の細道の途中に立ち寄ったとされる歴史ある温泉地です。
福島市内から車で約20分、東北自動車道福島飯坂インターチェンジから約15分。東京駅から東北新幹線をご利用の場合、乗り換えが1回で、スムーズな乗り継ぎならば2時間半かからずに到着するアクセスの良さも特徴の一つです。

東北を代表する温泉郷

摺上川とその支流赤川の流れを中央に大小さまざまな旅館が軒を並べています。宿泊はもちろん、日帰り温泉入浴のプランを提供している旅館も多くあります。 また、温泉街には9つの共同浴場と3つの足湯があります。共同浴場は地元の皆さんが小さな頃から通う、言わば「生活の一部」。足湯には地元の子供達の姿も。飯坂温泉を訪れてくださるお客様が、地元の方々と思わぬ交流ができるかも知れません。
近郊には、果樹園が立ち並ぶフルーツラインがあり、個人、団体問わず、ご家族連れからシニア旅まで、四季を通じて果物王国福島の味覚を楽しむことができます。
東北の名湯、飯坂温泉にぜひいらしてください。

飯坂温泉の泉質

泉 質
単純温泉
単純温泉
無色透明微弱苦味無臭
泉 温
58.5℃(15.4℃時)
PH 値
8.48 弱アルカリ性
効 能
神経痛・筋肉痛・関節痛・運動麻痺・うちみ・くじき・慢性消化器病冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進
禁忌症
急性疾患・活動性の結核・悪性腫瘍・重い心臓病・呼吸不全・腎不全・出血性疾患・高度の貧血・妊娠中(特に初期と末期)

飯坂温泉へのアクセスはこちら